男性器サイズは生まれつきなのか?

増大成功者続出!下半身に悩みを持つ全ての男性に!最強ペニス増大サプリランキング!
あなたの悩みに合ったサプリが見つかる。

■男性器サイズは生まれつきなのか?

男性器が大きい人と小さい人の違いはどこでうまれるのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

●生まれ持ったもの

男性器が小さい一番の原因としては生まれつきの体質ということがあります。

遺伝で決まっていると言われると顔を替えられないのと同じと思ってしまいますが、男性器に至ってはそうではありません。

ここでいう体質というのは生まれたときから男性器サイズが決まっていると言うことではありません。

男性器が大きく成長するために必要な成分が体内で生成されにくい体質ということです。

背の高さのように、生まれ持った遺伝で男性器の大きさが決まっているわけではないので、男性器の成長に必要な成分を効率よく摂取することで、男性器は大きくなるんです。

●下半身の筋肉不足

おなかの下の方の筋肉が弱い人などが男性器が小さいと言われている原因は男性器につながっている筋肉が不足しているからです。

男性器は、海綿体細胞という細胞が基礎となり、その周りを下腹部からつながる筋肉とお尻からつながるPC筋という筋肉が支えています。

勃起するときは、海綿体細胞が大きくなって、筋肉が緊張して大きくなった男性器を吊り上げて、力強く反り返るような勃起を実現しています。

ここの筋肉が弱いと、男性器そのものも細くなり、勃起も力強く勃たなくなります。

筋力が弱かったり太ったりしている人は、下腹部の脂肪を減らして筋力を強化することで男性器が大きくなります。

●包茎である

包茎状態というのも男性器を小さくしてしまっている原因の一つです。包茎というのは亀頭に皮が被っている状態です。

年齢が若い頃は亀頭に皮が被っているのは普通の状態ですが、思春期を迎えて男性器が大きくなるにつれて自然と皮がむけて普通の大人の男性器になるようになります。

ですが、人によっては亀頭に皮がかぶったままとなり、通常時はもちろん、勃起しても亀頭に皮がかぶったままの男性がいます。

仮性包茎というのは、普通の男性器の時は皮が被っている状態で、勃起すると完全に皮が向ける状態のことをいいます。

真性包茎:通常時も勃起時も亀頭に皮がかぶってむけない状態。性行為が難しいこともあり、できれば手術で治したい状態

さらにカントン包茎というのは皮の先端が狭くなっていて亀頭を締め付けてしまう状態の包茎をいいます。

上記のように包茎にはいくつも種類がありますが、どの包茎のタイプでも亀頭が皮にかぶっている状態のことをいいます。

亀頭に皮がかぶっていると、亀頭や陰茎の成長の妨げになってしまい、男性器が大きく成長しません。

これが包茎が男性器を小さくする原因です。包茎と正常の男性器では、長さが平均で3cmも違うというデータもあります。

包茎が原因の場合は包茎を治すことにより男性器を大きくすることができるということです。